鬼奴がヒルナンデスで訪問の老眼めがね博物館の場所や住所はどこ?

この記事は2分で読めます

 

こんにちは、フラワ-です。

鬼奴さんが、激安特集で訪れた
”めがね屋”さんがかなりお安くて
話題となっています。

 

管理人は、普段あまりメガネを
掛けることがないのですが、
激安となれば、購入したくなりました。

 

Twitterでは、

「ヒルナンデスでやってる
メガネ屋さん行きたい。
めっちゃ安い」

「ヒルナンデスでやってる問屋の
メガネ屋さん行きたいけど、
これ何処にあるんだろ??」

言われていました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

場所や住所はどこ?

 

さて、気になりますのが、
お店の場所や住所はどこなの
ということですよね。

 

お店の名前は、

”老眼めがね博物館”

でしたね。

 

(出典:Twitter)
 
 
 

詳しいお店の住所は、

東京都豊島区南池袋3丁目16−9

でしたね。

 

JR東日本・池袋駅を出て明治通りを
下り、東通りに入って歩いていると、
異質な雰囲気を醸し出している
老眼めがね博物館さんがあるのだそう。

 

見た目のインパクトは
凄いですよね。
メガネ専門店ということが
わかりますよね。

 

 

スポンサードリンク


 

 

詳しい地図や店内は?

さて、詳しい地図もあると
便利ですよね。

管理人は、地図を貰っても
必ず迷いますね~
この間、グーグルさんに案内
してもらいながらお店を訪問
していたのですが、10分で着く
ところが、30分かかりました(汗)

 

(出典:Twitter)
 
 
 

(出典:Twitter)

店内もめがねだらけでしたね。
これだけめがねがあると、さすがに
凄いとしか言いようがないですよね。
いやぁ、何回来ても飽きなさそうです。

 

実際に購入された方は、

「まず店先の陳列棚にあるのが
見た目は冴えない金属フレームや
カラープラスティックフレーム。
一つ45円、50円などなど。
百均でも売っていそうな品物がこの値段!

店内はほぼ1,000円以下」

 

「年配の店主の所へ会計に
持ってゆくとしっかりした
プラケースとメガネ拭き、
さらに店先に置いてあるのと
同じようなメタルフレームの
度数も揃えてのサービス付き」

と言われていました。

 

お得感満載ですよね!!
ぜひ、一度は訪れたいお店ですね。
 

 

 

最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

感謝します。

(writter フラワー)

参考:Twitter、www.ekiten.jp

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

こんにちは。
非常識で変わり者のflowerが、日常の疑問や
少し変わった角度から色々な物事に切り込んで
いっています。非常識な人間の意見ですから、
ゆる~く聞き流しておいてください。
自分のペースで自由気ままに綴っていきます。
お時間ある方は、どうぞお楽しみください。