スミカスミレ黎はどこへ行って雪白と破局?手紙の送り主は真白くん?

 

こんにちは、フラワーです。

スミカスミレが放送されて
いますよね。管理人は、前回
の話がキュンキュンしすぎて
今でも頭に焼きついているん
ですよね~

 

真白くんの病気を治す方法は
あるのでしょうか。
6話について見ていきましょう。

 

 

スポンサードリンク


 

 

真白くんとすみれがついに?!

 

真白くんが重い心臓の病に
なったことを知ったすみれ。
真白くんを助けようとするが、
方法が思いつかなかった。

 

すると、黎が先陣を切った。

「あなたは雪白とこの家に
いてください。大丈夫です。
彼は助かります」

 

部屋から出ていこうとする
黎を雪白がとめた。

「すみれにしたみたいに、自分の生気、
勇征にも分け与える気か?」

 

すみれはハッとした。
すみれは今まで知らなかったのだ。
自分が若返ったのは、黎が自分の命を
半分、分け与えてくれたからだと。

 

管理人は、驚きました。
まさか黎がすみれの夢を叶えるために
命を削っていたなんて予想外でした。

 

そして、すみれは決断をします。

 

「私はもう充分、青春を楽しみました。
だから、黎が私にくれた生気を、私から
真白くんに与えることはできないんですか」

 

すみれは、65歳の澄に戻ることを
覚悟で黎にそう申し出ました。

 

好きな人のためだったら、
管理人もきっとそうしてしまう
なと感じました。

 

黎は当然止めに入る。
何度も念を押してみた。

「本当に、それでいいのですか?
すみれ様・・・・」

 

すみれの決心が揺らぐことはなかった。

 

黎と雪白とすみれは、真白くんが
寝ている深夜の病室へ。

 

そして、最初で最後の口づけを
真白くんにするのでした。

 

真白くんは、元気になりました。
しかしながら一つ気がかりなことが。
すみれが学校に来ていないのでした。

 

 

様子を確認しにすみれの家に
行くのですが、黎に門前払いを
されてしまいます。

 

そして、すみれは真白くんに
別れを告げるのでした・・・・
雪白に理由を聞いた真白くんは
すみれの家へ。

 

初めてすみれの澄になっている
姿を目の当たりにしました。

 

真実を知った真白くんは、
落胆していました。

 

一方の黎は、実を言いますと
雪白さんと別れていたのでした。

 

それは、雪白さんが完全に人間に
戻ってしまったからのようでした。
なので、黎との間に子孫を残す理由が
なくなったんだそうです。

 

真白くんは前に進んでいました。
すみれも前に進みたいけど、
自分の楽しいことが見つからない
様子でした。

 

それを見た黎は、あることを
すみれに告げるのでした。

 

 

きゅーっと胸が締め付けられますよね。
真白くんは、好きなのにそしてすみれも
好きなのにどうしようもない現実…
切なくなりましたね~

 

 

スポンサードリンク


 

 

三角関係の行方は?

 

すみれは、ある一通の手紙を
受け取るのでした。

 

その手紙は、真白くんからでした。

 

その内容は短く一言、

『すみれ ありがとう』

でした。

 

そして黎と部屋で話をしました。
すみれが澄だったころにずっと
黎は、屏風から見ていたと言いました。

 

そして、すみれに向かって、

「真白くんのために元の姿に戻って、
明るく振る舞うあなたを見て、
気付いたのです。屏風の呪縛を
解くためでなく・・・・
私があなたの幸せな姿を見たかった」

のだと。

 

そして、

「あなたを若返らせます」

と言い黎はすみれに近づていくのでした。

 

黎さんは、本当はずっとそばで
見守っていたすみれのことを
愛おしく思っていたのかも
しれませんよね。

 

 

そして、気がつくと黎は、
どこにもいませんでした。

 

 

黎は、どこにいるのでしょうか。
もしかすると長い長い眠りについた
のかもしれません。そして、また
5年半後に目を覚ますかもしれません。

 

 

真白くんとすみれは、
それぞれの道を進みました。
黎と雪白も同じく別々の道へ。
それぞれの思いが交錯する中、
卒業という新たな節目を迎える
すみれなのでした。

 

 

すみれと真白くんと黎の関係は、
一体どうなるのでしょうか。
気になりますよね。
管理人もハラハラしながら
いつも見ています。
来週がとても楽しみですね!!

関連記事→『スミカスミレ5話で真白くんが病気に?雪白の目的や黎が好きなのは?
 
最後まで読んでくださいましてありがとうごいます。

感謝します。

(writter フラワー)

参考:Twitter、mdpr.jp

 

スポンサードリンク