いつ恋(最終回)音からお母さんへの手紙の全文は?桃缶の賞味期限は?

 

こんにちは、フラワーです。

いつ恋の最終回が放送されましたね。
朝陽くんが音ちゃんを振りました。
「俺を選んじゃだめだ」
優しくてかっこよすぎましたよね。

 

そして、晴太と小夏ちゃんの恋が
やっと実った感じでしたよね。

 

着ぐるみを着ての2人のシーンが
すごく素敵で印象的でしたね。

 

そんな音ちゃんがお母さんに
宛てた手紙がありましたよね。
内容を見ていきましょう。

 

 

スポンサードリンク


 

 

音ちゃんからお母さんへ

 

 

お母さんへ。

 

久しぶり、お母さん。

音は27歳になりました。

音は、なんと東京に住んでます。

1階にラーメン屋さんのある
アパート。

 

介護の仕事という立派な
仕事をしています。

 

大変は大変だけど感謝をされることもある。

 

努力は必ず報われる。

 

そこで会ったことのない人想像するの好き。

ありがとう 気をつけて。

うしろから3番麺の座席に座った
介護福祉士さん、引っ越し屋さん
「お疲れ様でした。」

 

世の中ってきれいなものなのか、
まざっているものなのかな。

 

きれいなものは探さないと
見つけられない。

 

1人で見る景色と2人で見る
景色は全然違っていたよ。

 

お母さん、私の恋はしまっておいてください。

お母さんの言うとおり好きな人と出会えたよ。

好きな人と出会えたよ。

 

6歳の私に教えてあげたい。

いつかトラックの人が現れるよ。

桃缶をたくさん積んで
あめをばりばりとかむ。

 

恋をすると楽しみは2倍になるよ。
悲しみは半分になるよ。

 

この恋は私の大切な思い出です。
どうかしまっておいてください。

 

大好きなお母さん、また手紙書くね。

 

音より

 

 

※一生懸命書いていますが、
一部ぬけているところも
あるかと思います。
ご了承ください。

 

朝陽くんは、おかあさんからの
お手紙を読まれて心が
入れ替わったということですよね。
朝陽くんきっと辛かったろうな~

 

いやぁ、好きな人のために
別れを決断するって中々、
できることではないですよね。

 

 

スポンサードリンク


 

 

朝陽くんがかっこよすぎ!

 

音ちゃんが「もう決めたの」と言ったのに
対して朝陽くんが名言を残されました。

 

「決める事じゃない。恋愛って決める事じゃない。
いつの間にか始まっているものでしょう?
決めさせた僕が言う事じゃないけど。
君が寝てる間にお母さんの手紙を読んだ。
僕は一番の人じゃなくていい二番目で
良いって言ったけど間違ってた。
大切に思う人に順番なんてつけられないんだから」

 

 

朝陽くんは若干の悪者になって
いましたから管理人は、最後に
とてもキューンとしてしまいました。

 

本当は好きなのに一緒にいられないと
分かった時に朝陽くんのように身を
引くことができる人って凄いですよね。

 

恋と愛の違いでしょうか。

 

恋は、一緒にいて楽しいのは
もちろんでお互いが好きなときに
会えると言った感じでしょうか。
少し心の距離感があるかな~と
感じますね。

 

愛は、どうしようもないくらいに
込み上げてくるものということでしょうか。
どんなときも離れていても、
その人のことが浮かんだり、
連絡したいと思った時に丁度
連絡がきたり・・・・
離れたくても運命がそうさせないとか…

 

いつ恋深すぎますよ!!

 

 

桃缶の賞味期限は大丈夫?

 

さて、Twitterを見ていましたら、

「いつ恋で音が桃缶食べるシーンで
賞味期限大丈夫なんかな?」

「とりあえず第一に思ったのが、
まだ桃缶の賞味期限大丈夫だった
んだっていうところw w w w 」

と言われていました。

 

皆さん、桃缶の賞味期限の心配を
されていらっしゃいました。

 

 

6年も前のものを食べるなんて、
普通はしませんからね。

管理人は、以前は1日でも
賞味期限を過ぎたものは絶対に
食べなかったですからね~

 

 

缶詰めは、未開封のままであるなら、
5年でも10年でも大丈夫なのだそう。

 

  1. 缶が錆ついていないこと
  2. 缶の蓋が膨らんでいないこと
  3. 缶の蓋を押してペコペコしないこと

これが条件にはなるそうなのですが…

とりあえず音ちゃんのお腹は
大丈夫そうなので一安心ですよね。

 

これから、音ちゃんと練くんは
遠距離恋愛ってことですよね。
東京都と北海道、遠いけど近い…
お互いが想い合っていれば、いや
音ちゃんと練くんならば、
上手くいきますよね。

 

ハッピーエンドで終わって良かったです。
 

 
最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

感謝します。

(writter フラワー)

参考:Twitter

 

スポンサードリンク