友田麻美子の現在や旦那(夫)って誰!?おニャン子Tのwiki風プロフ!

 

 

友田麻美子 (出典:Twitter)

 

 

こんにちは、フラワーです。

 

さて、6月3日19時から放送予定の

爆報!フライデー』におニャン子

クラブに所属をしていたエース、

そして幻のメンバーである”T

さんが出演をします。

 

 

週刊文春によってスクープをされ、

わずか2週間で解雇となったエースは、

現在何をされているのでしょうか?!

 

 

スポンサードリンク


 

 

現在は、AKB48やモーニング娘。などの

アイドルブームなのですが、その火付け役

とも言われていたのが”おニャン子クラブ

と言われています。プロデュースは、秋元康さん。

 

 

 

元おニャン子クラブの方は、現在も活躍をしている

国生さゆりさんがとても有名ですよね。

 

 

 

メンバーの方にはそれぞれ会員番号

ありました。

ちなみに現在も芸能活動をされて

よくお見かけしている方の番号を

見ていきましょう。

 

 

  • 8 国生さゆりさん
  • 29 渡辺美奈代さん
  • 36 渡辺満里奈さん
  • 38 工藤静香さん
  • 40 生稲晃子さん

 

 

ちなみに・・・・

  • 河合その子さんは、後藤次利さんの妻
  • 高井麻巳子さんは、秋元康さんの妻
  • 布川智子さんは、シブがき隊布川敏和さんの妹
  • 工藤静香さんは、SMAP木村拓哉さんの妻

 

 

おニャン子クラブの人気は相当なもの

だったようです!なので、そんな中で

出会って愛をはぐくみつつ、幸せな

結婚ができるなんて素敵ですね!

 

 

さて、おニャン子クラブには黒歴史が

ありました。それは、デビューして2週間

ほどでメンバーが解雇になっていました。

 

 

(出典:Twitter)

 

 

6人の内5人の方が一斉に解雇になるなんて

驚きですよね!これは、かなり衝撃的な

ニュースとして報道されたと思われます。

 

 

しかも、ニュースにしたのは、あの

ベッキーさんが”センテンススプリング”

と呼んだ”週刊文春”でした。

 

 

いや、怖すぎる・・・・(笑)

文春さんの追跡は前から凄かったのですね!

 

 

そして、樹原亜紀さんだけは解雇にはなりませんでした。

これは、なぜなのでしょうか。

 

噂によりますと、

フジテレビ社員さん(プロデューサーさん?)

の娘さんじゃなかったかなと

と言われていました。

 

 

なるほど~(汗)業界人は強いのですね~

 

 

そして今回登場されるのは、

おニャン子のエースTとして、

31年ぶりに友田麻美子(ともだまみこ)

さんがテレビ出演をされます!

彼女の現在に迫ります!

 

 

スポンサードリンク


 

 

友田麻美子の現在や旦那は?!

 

 

まずは、友田麻美子さんの

wikipedia風に見ていきましょう。

 

 

お名前は、友田麻美子(ともだまみこ)さん。

1968年1月8日の現在、48歳です。

出身は、東京都です。

 

 

身長は、160cm

靴のサイズは、23.5cm

 

 

一世を風靡した、おニャン子クラブに

2週間ほど在籍をして、会員番号は7番でした。

 

 

当時を知る方は、

もし、残っていたら、おニャン子のなかでも

主要メンバーになっていたことでしょう!

と語ってありました。

 

 

かなり、可愛らしい方だった

ということが分かりますよね!

 

 

そして、現在は有限会社アイント

所属をしていらっしゃいます。

主にバッグをデザインされたり、

オリジナルバッグを制作されています。

 

 

デザイナーさんへと転身されてました!

 

 

現在のお写真がコチラです。

 

 

友田まみ(出典:www.aint.co.jp)

 

 

いやいやいや~かなりお綺麗ですね!

現在がかなり美人な方なので、当時は

相当、モテてていらっしゃったのでは

ないでしょうか?!

 

 

当然、旦那さんや子供さんがいても

おかしくはないですよね??

 

 

恐らく、一般男性の方と結婚を

されているのではと思います。

 

 

メディアに登場をするのが、31年ぶり

とのことなのでこれまでの経緯を全て

お話されるんだそうです。

 

 

もしかしたら、その中で家族や

旦那さんそして子供さんのお話が

出てくるかもしれないですよね。

 

 

アイドルから一転…壮絶な人生だった

友田麻美子さんに注目です!

 

 

スポンサードリンク


 

最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

感謝します。

(writter フラワー)

参考:www.aint.co.jp、