子供にポケモンGOをやめさせたい!ゲームよりも勉強をさせる方法は?

 

こんにちは、フラワーです。

今日は8月に入ったばかりだった

ので、1ヶ月間の目標を立てました。

 

達成できるかは分かりませんが、

頭に入れるだけでも意識が変わるので

とりあえずやってみました。笑

 

 

さて、7月22日から配信となっている

ポケモンGO。ここ最近ではアップデートの

際にデータが消えるという事態が起こって

いるようでした。

 

具体的な対処法はコチラ↓

ポケモンGOのアップデートの仕方は?データが消えた時の復活方法は?

 

管理人はまだ子供はいませんが、

子供さんがいらっしゃる親御さんは

必ず悩むことがありますよね。

 

”子供がゲームばかりして勉強しない!”

 

これは、いつの時代も騒がれている

ことではないでしょうか。

 

子供にゲームをやめてほしい場合の

具体的な方法とやり方はあるのでしょうか。

 

そして、ゲームよりも勉強を

好きになってほしいですよね。

 

管理人の将来のためにちょこっと

調べてみました~!!

 

スポンサードリンク

 

ゲームが与える影響とは

 

 

さて、7月22日から配信されている

ポケモンGOをすでに満喫されている

方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

そもそも、ゲームが子供に与える

影響ってなんなのでしょうか。

 

メリットデメリットを最初に

確認をしていきましょう。

 

 

ゲームをするメリット
  1. 創造力が増す
  2. 視覚空間推論力が増す
  3. 反射的に注意を切り換える力が増す

 

ミシガン州立大学の博士が、

行った研究によると、

複雑なキャラクターやストーリー設定は、

子供の問題解決能力を高め、ゲーム以外の

場に応用する力を促進するとのことでした。

 

 

ゲームをするデメリット
  1. じっくり取り組む集中力が落ちる
  2. 学業不振

 

 

ということは、ゲームをすると

創像力がよくなるということ

なので、新しいものをつくりだす

能力が備わるってことですね。

 

しかしながら、親としてはデメリット

でとても気になる項目がありますよね。

”学業不振”というのは聞き捨てならない

ですね。

 

 

子供にゲームをやめさせたい場合に

親はどうすればいいのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

子供にゲームをやめさせたい!

 

 

子供さんがゲームに熱中をしているのを

見るとイライラしてしまいますよね。

 

 

管理人の兄も昔はテレビゲームに

ばかりハマっていました。

なので、管理人は”なんでゲームばかり

しているのだろう?”と思っていました。

 

ゲームが面白いのはよく分かるんですよね。

モンスターを倒したり、ラスボスを

倒してクリアをしていくことが楽しみ

だったりしますよね。

 

 

注意をする時は大抵、

”いつまでゲームをやってるの?

いい加減にやめなさい!”

と言っているのではと思います。

 

それを言われた子どもの反応は、

無言で無視をするか、”うるさい”

と反抗的なのではないでしょうか。

 

 

それはそうですよね。

管理人だって、好きな本やテレビを

観ているときに”それやめなさい!”

と言われても正直言うとやめたく

ないですね。

 

 

子供には、ゲームをすることで

自分にとってどんな怖いことが

待っているのかを伝えてあげたり、

そのゲームがどれだけ楽しいのかを

聞いてあげる方が良いと思います。

 

 

 

ポケモンGOは楽しみ方がたくさん

あるので聞いてあげるといいところを

教えてくれると思います。

 

それをただただ聞いてあげましょう。

そうすると、子供は”自分のことを

みてくれている。”と安心をします。

 

子供さんはもしかすると、学校で

なにかあったのかもしれません。

 

それを隠すためにゲームという形で

自分を取り繕っているのかもしれません。

 

子供さんにゲームのどこが楽しい

のかを聞いてみましょう。

そうすると、楽しそうに喋ってくれる

はずです。それを聞いてあげましょう。

 

子供は自分に興味を持って

くれているということが分かります。

 

子供さんの奥を見ていくと、求めている

のはゲームのクリアの数ではなく、

親からの褒め言葉なのかもしれません。

 

 

では、具体的に勉強をしてもらえる

ようにする方法はあるのでしょうか。

 

 

ゲームよりも勉強をしてもらう方法は?

 

 

ゲームよりも勉強をしてほしいと

思うのはどこの親御さんでも同じ

ですよね。

 

勉強をしてくれないと、学校の

成績にも関わって将来にも影響が

少なからずでますからね。

 

 

そもそもで子供さんは勉強を

する意味というものを理解されて

いるのでしょうか。

 

 

管理人は正直、成績は悪い方では

なかったんですよね。管理人が、

勉強をしていた一番の理由は、

親に褒めてほしかったから。

というのが具体的な動機でした。

 

 

親に褒めてもらいたくて、

勉強を必死に頑張っていました。

 

しかしながら勉強をしない子

というのは、勉強をしないのでは

なく勉強をする意味を分かっていない

ほうが強いのではと感じています。

 

 

それか、勉強の仕方が分かって

いないのかもしれません。

 

本当に分かっているかは、本人に

具体的な方法を確認してみる必要が

あると思います。

 

 

何から手をつけたらいいのか

分からないのかもしれません。

その点、ゲームはルールが決まって

いるので迷う心配はないですよね。

 

 

最初から、子供が勉強をしないで

ゲームばかりしているのを責めるのは

やめてください。

 

 

ゲームをやめなさい、勉強をしなさい、

とゲームをやめないから、勉強をしない

からと前提をつけていることになります。

 

 

それを言われた子どもは、

”ゲームをやめない自分はダメな人間”

”勉強をしない自分はダメな人間”

という風にアイデンティティが低下

していきます。

 

 

とはいえ、話を聞くにしても

時間がない場合もありますよね。

 

 

そんなときは、ゲームをする始めに

ルールを決めておくと良いと思います。

 

 

(出典:Twitter)

 

 

具体的には、

ノルマを作る

方法が一番ではないかと思います。

 

ポケモンを○匹捕まえたら終わり!とか。

ノルマを達成できなければ終われない。

という風にしていくと段々と負担に感じて

くるかもしれません。

 

 

あとは、時間を区切ってあげるように

するのも一つの手だと思います。

 

 

しかしながら、ゲームをやめさせる

方法としては、ノルマを課すのが一番のようです。

 

 

(出典:Twitter)

 

 

そして、勉強に関しては、やり方を

一緒にみていき、常に子供の立場に

立ってみていってあげることが一番の

解決策のように思います。

 

ゲームと勉強の両立がうまくできる

社会が作られていくことを願って。

関連記事→『ポケモンGOの位置情報の偽装はできる?自宅がバレない方法や対策は?

スポンサードリンク

 

最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

感謝します。

(writter フラワー)

出典:allabout.co.jp