さんまのまんまが打ち切りの理由は?終了の真相や最終回ゲスト予想!

 

こんにちは、フラワーです。

今日は夜から焼き肉が食べられる

ので、とても楽しみです!!

仕事を頑張れる理由の一つに

なりますよね~

 

 

さて、朝から衝撃的なニュースが

飛び込んできました。

 

さんまのまんまが9月いっぱいで

放送を終了するのだそうです。

 

これには、ショックを受けている

方も多いのではないでしょうか。

さんまさんが持っている冠番組が

また一つなくなりました…

 

からくりTVや恋のから騒ぎに続いて

なぜさんまのまんまが打ち切りとなった

のでしょうか。

 

また、打ち切りに関してのみなさんの

反応も管理人は気になりましたので、

調べてみました!

 

 

スポンサードリンク


 

 

さんまのまんまとは

 

 

さて、さんまのまんまについて

少し振り返っておきましょう。

 

 

さんまのまんま(出典:media.image.infoseek.co.jp)

 

放送開始日:1985年4月8日

ジャンル:トーク&バラエティ番組

出演者:明石家さんま、他ゲスト1人(1組)

最高視聴率:31.8%(1987年1月12日)

 

 

さんまさんにとって最長寿冠番組

であった、さんまのまんま。

31年6カ月でピリオドを打つんだとか。

 

 

悲しいですよね。

管理人にとっては大好きな番組でした。

 

 

森三中の黒沢さんが

”さんまさんが対等に話をしてくださる

のは、まんまだけなんですから!”

と番組内で言われていたのが

とても印象に残っていました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

世間の反応は?

 

 

さて、突然のさんまのまんま終了に

Twitterではどんな声が上がっている

のでしょうか。

 

 

(出典:Twitter)

 

 

毎回、ゲストが違いますからね。

ファンの方にとっては、さんまさんが

ゲストの方の話を引き出すのがとても

魅力的に映りますよね。

 

 

(出典:Twitter)

 

 

さんまのまんまって、さんまさんの

プライベートを覗き見しているようで

かなり楽しませてもらっていただけに

結構、ショックは大きいようでした。

 

 

(出典:Twitter)

 

 

あ、そうなんですね。笑

まんまちゃんはただの犬では

なかったのですね。

 

 

なぜ、9月に終了なのでしょうか。

理由がとても気になりますよね。

 

 

番組が打ち切りの理由や最終回のゲストは?

 

 

さて、なぜ番組が終了となるのでしょうか。

理由がとても気になりますよね。

 

 

公式サイドの発表によると、

制作するカンテレは、昨年4月からの

放送30周年という節目を無事に終えて

一つの区切り」という理由です。

とのことでした。

 

 

なるほど~一つの区切りということで

31年目に打ち切りと決定をするのですね。

 

 

確かにさんまさんは、61歳ですし、

年齢的にも次のステップアップなのか

と考えても良さそうですよね。

 

管理人的には、もしかしてさんまさんが

引退の準備に入っているのでは!?

勝手に思っています。

 

 

いつか、60歳引退説が騒がれて

いましたよね。

 

これは、いよいよ現実味を

帯びてきたように感じています。

 

 

視聴率なの?とも捉えられそうですが、

4~8%台で、他局と比べても悪くない

数字を保っているさんまのまんま。

 

あと一つ考えられるのは、

ギャラが高いのでは?

ということかなと思います。

 

さんまさんほどの人になると、

やはり出演料だけで数百万って

ことにもなりそうですからね・・・

 

 

そして、管理人がもう一つ気になることが!

最終回のゲストは一体、誰になるのでしょうか。

勝手に予想をしていきます!!

 

 

  • ベッキーさん
  • 大竹しのぶさん&イマルさん
  • タモリさん
  • ダウンタウン
  • ビートたけしさん

 

 

超大物が出てこられるのではと

予想をしていますが、案外、

若手俳優さんや女優さんだったり

するかもしれません。笑

 

 

なお、さんまのまんまの

レギュラー放送は終了ですが、

年2回は放送されるということです!

 

さんまさんのこれからの

ますますのご活躍を願って。

 

スポンサードリンク



最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

感謝します。

(writter フラワー)

出典:Twitter、wikipedia、headlines.yahoo.co.jp