「この世界の片隅に」デートに向いてる?どんな雰囲気の映画なの?

 

管理人のフラワーです!!

今日は夜中から歯が痛くて痛くて
仕方のなかった管理人です。笑

高校の時以来、歯医者さんへは行って
いないのでそれがたたっているようです。
明日、歯医者さんを予約しました~
いやぁ、行きたくないですね。笑

 

さて、映画『この世界の片隅に』が
11月12日から公開されていますよね。

 

管理人は、早めに流行に乗りたくて、
もう見てきちゃいました~!!
というか、誘われたから行ったのですが…

 

のんさんが声優を務められている作品
ということもあって、注目をしていました。
案の定、のんさんらしいテンポで主人公の
すずさんにはピッタリでしたね~

 

この映画は、カップルでデートをする際や
好きな女の子と映画を見に行きたい場合に
デート向きなのかデート向きではない
のか気になりますよね。

 

管理人は、お節介なので勝手にみんなの
意見をまとめちゃいますよ~!!

 

スポンサードリンク


 

『この世界の片隅に』はデートに向いている?

 

管理人は、Twitterで話題になっている映画
らしいということを聞いて「この世界の片隅に」
という作品があることを知りました。

 

「君の名は。」であれば、CMでもテレビ番組
でも取り上げられていましたので知っていたの
ですが、今回の「この世界の片隅に」に関しては
認知度が少し低いかもしれません。

 

なので、まずは手始めに動画を見せるのも
一つの方法だと思います。

 

映画「この世界の片隅に」特報1

 

 

最初のシーンがちょっとアレですが・・・笑
最初のシーンが気になるな~という方は、
もう一つありますので、どうぞ~!!

 

映画『この世界の片隅に』予告編

 

 

のんさんの声が入っているのでこちらの
動画の方がイメージがしやすいかもしれ
ないですね!

 

管理人は、終わった後に何とも言えない
感情になりました。ほっこりしていて
安心感があるんだけど、なんだか切ない

 

管理人の勝手な主観からだと、

デートには向いている

と思います。

 

本当に大切な人と見てほしいなと思います。
それか、この人なら信頼ができるっていう人
がおススメかなと思います。

 

■他の方の意見は・・・

 

きっと結婚したくなりますw

カップルで見に行くのには非常に向いた
作品と思います。恋愛映画としても良く
出来てると思います。
ただ、現代の価値観とは大きく違います。

可愛い映画なのでデートで行っても
問題ないと思いますよ

 

 

総合的に判断して、

カップルのデートに向いている恋愛映画

ということですね!

 

スポンサードリンク


 

どんな雰囲気の映画なの?

 

さて、デートに向いていることが分かっても
説明をするときにどんな映画なのかが分かった
方が誘いやすいですよね。

 

この「この世界の片隅に」という映画は、
どんな雰囲気なのでしょうか。

 

 

%e3%81%93%e3%81%ae%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e7%89%87%e9%9a%85%e3%81%ab1

(出典:konosekai.jp)

 

予告動画を見ただけでは、昭和の時代のことが
描かれているのかな~という印象でちょっと
現代を生きるわたしたちには関係が薄いの
かなという感じですよね。

 

しかしながら、管理人は最初から引き込まれました。

 

すずさんの純粋さといい、すずさんの
描く絵の美しさがとても素敵でした。

そして、すずさんの抜けっぷりがまた
笑いを誘うのでとても見ていて飽きずに
楽しめました

 

管理人の主観としては、

ほっこりテンポよく登場する人の
あたたかさを感じられる映画作品

だな~と思っています。

 

■他の方の意見は・・・

 

全体的にほのぼのとした雰囲気の中でたまに
ギョッとする描写もあり、後半の胸を締め
付けられるような展開からのあのラスト
本当に心に来ました。
 
自分を考えさせられる ほんわかした画像から
実は重たい現実を考えさせられるアニメです。
 
庶民の生活を描いた内容ですが悲壮感は無く、
時折ユーモアを交えた作りになっていて心地好い

 

まとめると、

ユーモアが交じっているけど、胸を
締め付けられる場面もあり自分を
考えさせられるアニメ映画

ということになるでしょうか。

 

本当に胸にきますからね~!!
管理人は何度もうるうるきてました。
 
ボロボロと流すまではなくても、音楽
といい、すずさんの心情を思うとグッと
きましたよ~!
 
胸を締め付けられたり、ほっこりしたり
されたい方はぜひご覧ください。
 
スポンサードリンク


最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

感謝しています。

(writter フラワー)