毛深い私が使った脱毛クリームはコレ!デリケートゾーンへの効果は?

 

肌をきれいにすることが大好きな管理人のフラワーです。

 

私は生まれつき身体の毛が濃かったです。保育園の頃や小学生までは自分が毛深い人間だなんて思っていませんでした。というより毛の処理をしないといけないって発想すらなかったですからね。

 

そんな私が自分の”毛深さ”が気になり始めたのは、中学生の頃です。

 

同じ部活に所属をしていた同級生からの冷たい言葉で”私って毛が濃い?”と気付き始めます。最初はカミソリを試しました。

 

カミソリの次に試したのが、”脱毛クリーム”でした。実際の効果はどうなのでしょうか。私が使ったことのある脱毛クリームの効果をレビューしていきます。

 

私が使っていた脱毛クリームはコレ

 

カミソリを使っていた私の肌の毛穴が大きくなっているのを見て、カミソリで処理をするのが段々と怖くなってきたときに雑誌で取り上げられていた除毛クリームを購入することにしました。

画像は、veet公式サイトより引用しています。

 

私が使っていた除毛クリームは、ヴィート Rasera™(ラゼラ)ブレードレスキットです。ドラッグストアへ行けば売ってあり、お手頃価格で購入できます。

カミソリから卒業したかった私はドラッグストアへ行き、ヴィートの除毛クリームを手にとりレジに向かいました。

 

そして、購入して自宅へと帰ります。早速、その日の夜にお風呂場で使ってみることにしました♪キャップをあけて、まずは自分の太ももにプシューッと泡に近いヴィートを出してぬりぬりします。

 

3分ほど待って付属のシェーバーで毛を取り除きます。なんだか、毛がパキパキした感じになって取れていきます❤取れていく毛を見ながらニコニコ^^してしまいました。笑

シェーバーである程度処理をしたらシャワーで洗い流すことに。

 

良い感じで毛の処理ができました◎◎

 

でもでも、何かがおかしいことに気付きました…。

 

除毛クリームの効果は?

 

除毛クリームを使って毛の処理を簡単に行うことができたので、ルンルン♪気分でお風呂から上がって自分の肌を見てみたら”肌が赤く腫れている”ことに気付きました。

なにかに負けているかのような赤みがありました。

 

ヒリヒリまではしなかったのですが、肌に違和感がありました。保湿クリームをぬり、しばらく様子を見てみることにしました。数時間すると腫れもひき赤みもなくなりました。

ホッと胸を撫で下ろしてしばらく除毛クリームを使うことにしました。

 

毛深かったので3日に1回くらいの頻度で除毛クリームを使っていました。自分の足は良かったので次にちょっと皮膚が弱いデリケートゾーンに試すことにしました。

私の毛はかなり濃いのでカミソリでは太刀打ちができませんでした。

 

除毛クリームならいけるのでは?!と試してみることに。毛がチリチリとなって少しだけ抜け落ちました。最初は怖かったので自肌にあてることなく長い毛を処理しました。

処理が終わって、毛を触ってみるとなんだかチクチク…。

 

次の日思い切って長い毛が生えている全体に除毛クリームを塗りました。シュワシュワ…。”あれ?なんだか、痛いぞ…。”

私のデリケートゾーンは、除毛クリームに耐えられませんでした^^;

 

みるみるうちに赤くなって痛みを感じたので即座に使うのをやめました。皮膚にぶつぶつのようなものが出来始めていたので、太ももやふくらはぎへの使用もやめることにしました。

 

私が使ってみて

除毛クリームは、継続的に使うのではなく単発で使う方が良い

と思いました。

 

 

使った瞬間は効果が実感できます。でもカミソリのようにスグに生えてきてしまうので継続的に使用するのはおススメできません。私は肌が弱い方ではないのですが、除毛クリームを使って少し肌に赤みが出るようになりました。

 

 

❤ 除毛クリームおすすめな人

  • 1週間に1回ほどしか毛の処理をしない方
  • カミソリを使う頻度を少なくしたい方
  • 肌が強いと自信のある方

 

カミソリを使いながら除毛クリームを使ってみるというのも一つの手です。カミソリばかりを使っているとチクチクした毛が気になりますし、常に処理をしないといけません。

1週間に1回の肌休めとして使ってみるという手が一番いいです☆

 

結果的に、毛の濃い方がツルツルになる☆という効果は得られにくいと思います。私は、使う頻度がかなり多かったので肌が荒れましたから・・・。

特にデリケートゾーンに使う場合は注意が必要です!

 

毛の処理をするクリームですからある程度強めの薬が使われているので、デリケートゾーンにはもっと別の方法を試した方がいいと判断し、私は除毛クリームでデリケートゾーンを処理するのをやめました。

 

私は、デリケートゾーンや腕や脚の毛の処理をするために様々なことをやっていくのでした。続きはまた今度書いていきます☆

 

最後まで読んで頂き感謝します。

他の記事もぜひお楽しみください。

【writer フラワー】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください