鬼滅の映画でのあかざのBGMは?煉獄と猗窩座の戦いの曲が気になりすぎる

 

最近、鬼滅の刃にハマりすぎて同じシーンを何度も再生してしまっているフラワーです。

私は鬼滅の刃にハマっています。最初は正直、物語の内容が理解できずにスルーをしていました。爆発的に流行り出したのを見て、YouTubeの解説者の話を聞くと”これは見なくては!”と思い、まずアニメからスタートしました。

そうすると見事に鬼滅の刃の虜になってしまいました。

 

そして、劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 が2020年10月16日に公開され、公開日当日に映画館へ足を運びました。映画ならではの臨場感と映像アニメーションの美しさ、そして劇中で流れる音楽、全てがマッチしていて”もう1回みたい!”と思うほどの作品でした。

 

その中でも、もう1回と強く思ったのは

煉獄杏寿郎 VS 上弦の三 猗窩座の戦闘シーンのかっこいい音楽が思い出せなくて、もう一度聴きたい!!

でした。

 

とりあえず、劇場版「鬼滅の刃」無限列車編が良すぎる

 

映画が本当に素晴らしいんです。素晴らしすぎて3回ほど見に行きました。映画公開日に行き、興奮さめやらぬまま次の日にも行き、その1週間後にも見に行きました。お陰で入場特典を3つもいただきました。

 

私は、我妻善逸さんがとても大好きです。そうです、アニメ版の12話を見て大好きになりました。善逸さんのキャラクターというか性格なんかにも自分と似たような面があって親近感がわいてしまっているんですよね。

そして、映画での善逸さんもかっこいいんですよ。ホントに、あの登場の仕方はマジでズルい。(言葉悪くてすみません)

 

柱の1人として今回は、煉獄さんが一緒に無限列車の任務にこられていますが、アニメ版で見ていた感じだとあまりいい印象を持っていませんでした。でも、映画を通して彼の人柄や器の大きさを実感しました。

そして今までの予告では出てこなかったシーンを盛り込んだ新しい予告が公開されました。上弦の三である猗窩座(あかざ)さんが登場します。

猗窩座(あかざ)さんとの戦闘シーンは、迫力があります。迫力がありすぎて映画館にいるのを忘れてしまうほどに、周りの音が耳に入ってこず、集中して見入っていました。

猗窩座(あかざ)さんの攻撃の時のBGMが本当にカッコ良かったんですよね!!!!

 

煉獄杏寿郎 VS 猗窩座(あかざ)のBGMが気になる…曲をもう一度聴きたい!

 

もう、本当にかっこいいんです。この曲を聴きたいがために映画館に足を運んでいると言っても過言ではないです。本当にマッチしすぎているんですよね。映像とマッチしすぎて、あまりにも合っているのでBGMを忘れてしまうんです。

なので、3回も見に行ったんですよね。

 

ただ、今のところサウンドトラックなど販売されておらず、曲名までは分かりません。

ですが、映画を鑑賞された方がアレンジを加えて再現してくださっています!!!!

本当にありがたい!!!!

 

 

コレです!コレです!まさにコレです!!!!!!!!!

あ〜また映画を見に行きたくなってきた〜。笑

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の感想を少し (ネタバレなし)

 

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編は、何もかもが完璧でした。私は、アニメが大好きで結構見ているのですが、ココまでハマって見たのは初めてです。ストーリーの組み立て、敵である鬼にもきちんとしたストーリーがあり、敵を敵だと感じさせない不思議な感覚になったアニメは私の中で初めてでした。

敵であるのに、”あ〜確かに、誰しもこういった面を持ち合わせているよね。”と感じる場面があるアニメです。

 

今回の映画で印象的だったのは、猗窩座(あかざ)さんが戦いながら煉獄さんを尊重しているところでした。猗窩座(あかざ)さんは、成長しようという精神を持たれていて、現代に生きる私も忘れてはいけない大切な教えなのかなと感じました。

鬼滅の刃は、1回目よりも2回目、そして3回目と回数を重ねるごとに新たな発見があるので楽しいです!また、見に行きます!!!!

 

最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

writer フラワー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください