モーグルの伊藤さつきwikiや出身高校は?プロフィールは?家族も調査

 

こんにちは、フラワーです。

3月27日(日)午前11時15分
から放送のミライモンスターに
スキー・フリースタイル
モーグル女子の伊藤さつきさんが
出演されています。

 

管理人は、このミライモンスター
という番組が好きなんですよね。

頑張っている姿と言いますか、
夢に向かって真っすぐに進んでいる
方を見ると嬉しくなるんですよね。

 

管理人は、今やっとミライモンスター
に出演される方が、やってあることを
やろうとしています。

要するにやりたいことを
見つけたんですよね。

しかしながら、もう少し早くに
やりたいことを見つけていれば、
もっとそれに時間を投資できたのに
とも感じていますから、本当に心の
底から応援したくなるんですよね。

 

 

伊藤さつきさんについて、
迫っていくことにしましょう。

 

 

スポンサードリンク


 

 

伊藤さつきプロフィール

 

 

名前:伊藤 さつき

生年月日:1993年4月30日

出身地:滋賀県

小学校:日野小学校

中学:水口東中学校

高校:水口東高校

大学:立命館大学

 

 

伊藤さつき(出典:www.okuibuki.co.jp)

 

 

2歳でスキーを始め、
5歳でスキーモーグルに足を踏み出し、
6歳になるころには長野県の野沢で
初めての大会に出場してあるんだそう。

 

2015年ワールドカップ田沢湖大会
デュアルモーグルで2位に入り、
初の表彰台を飾っています。

 

というか、スキーを始めるの
早くないですか?

管理人が住んでいるところは、
雪が全く降らないので、
スキーを初めてしたのは、
高校の修学旅行でしたよ(笑)

 

怖かったです(汗)
それを2歳からって凄いですよね。

 

 

スポンサードリンク


 

 

家族の影響が凄かった!

 

さて、なぜ伊藤さんは幼いころから
スキーを始めることになったのでしょうか。

 

それは、

家族の影響

でした。

 

伊藤さんのご両親は、スキーが
縁でご結婚されたんだそうです。

そして年末は、長野県の野沢温泉に
いとこや祖母ら親戚一同が集まり、
滑りを楽しむのが毎年の恒例だった
んだとか。

 

 

幼いころから当たり前にあったのが、
スキーだったということなのですね。

 

管理人は、ヨガをしていますが、
幼いころから常にあったかと
言われるとそうでもないですね~

 

 

伊藤三姉妹がそろってスキー選手!

伊藤さんには、兄弟がいらっしゃいました。

姉の伊藤あづささんとみきさん。

伊藤三姉妹(出典:www.okuibuki.co.jp)

  • 写真左:伊藤みきさん
  • 真ん中:伊藤あづささん
  • 写真右:伊藤さつきさん

 

 

三姉妹揃ってスキー選手だなんて
素敵ですよね。なんか良きライバル
でもあり、同じ悩みなど共有が
できそうですね。

 

写真からも仲の良い雰囲気が
伝わってきますよね!!

 

長女:伊藤あづさ(チームサンガリア所属)
八日市高校時代に全日本選手権を制覇。
けがによる長期リハビリを経て、
2013/14にはワールドカップ復帰を
果たし、2015年には世界選手権にも出場。

 

次女:伊藤みき(北野建設スキー部所属)
オリンピック3大会連続出場。
ソチ五輪でのけがを克服し、競技に復帰。

(出典:bravoski.com)

 

 

トレーニング法がヤバイ?!

 

 

伊藤さんが行っているトレーニング法に

タバタ式トレーニング法

があるんだそうです。

 

「4分で運動不足解消」と
話題になっているトレーニング法
なんですよね。

 

 

タバタ式トレーニングとは

 

立命館大学のスポーツ健康科学部、
学部長の田畑泉教授が発案した
日本生まれのトレーニング方法。

高強度の運動と休憩を繰り返し行う
高強度インターバルトレーニング法の
一種で、海外ではすでに有名で、
タバタ式トレーニング用の音楽や
器具を取り入れているジムも多数あり、
有名人やアスリートが取り組んでいる方法。

(出典:sixpack.jp)

 

 

え?たった4分ですか?
怪しくないですか?(笑)
管理人は、簡単なものはとても
大好きなのですがこの4分間が
どんなものなのか全く想像が
つかないのですが・・・

 

 

基本的には、室内で行えるのだそう。

  • キツめの運動を20秒
  • 10秒休憩
  • 8セット繰り返す(30秒×8回=4分)

 

腕立て、腹筋、スクワット、
ダッシュ等、何でもOKなんだそう。

ただ、20秒間フルに力を出し切る
ことが重要なんだとか。

 

 

 

これをされて伊藤さんは、

 

試合中に辛くなってくると
心が折れてしまうときもありましたが…
心の粘り強さも他の選手に負けない
ようになりました。

 

とおっしゃってありました。

 

 

凄い忍耐力がつきそうですよね。
管理人は遠慮をしておこうかなと
思います(汗)

結構、恐怖のトレーニングと
言われているようですからね~

 

 

そんな伊藤さんが目指すは、
2018年の平昌(ピョンチャン)五輪

 

 

1日1日を大切に技術を磨いて、
最高の滑りをピョンチャンでしたい。

 

と言われていました。

 

 

これからの活躍がますます
期待される選手ですよね。
伊藤さつきさん、応援して
いきましょう!!
 

 

 

最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

感謝します。

(writter フラワー)

参考:Twitter、supportathletes.shiga-saku.net、

www.ritsumei.ac.jp、sixpack.jp

 

 

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています