ラブソングの女社長は誰で会社名は?桑名喜和子役は歌手のりりィ?

 

こんにちは、フラワーです。

ドラマ『ラヴソング』の第4話が
放送終了となりましたね。

 

今回のシーンでは、目まぐるしく
出演されている方が代わっていて、
管理人は誰が誰だか把握をするのに
とても時間がかかっていました(汗)

 

そして、管理人が気になりましたのは、
さくらに面接をお願いしにきた
音楽会社の方がいらっしゃいましたよね。

 

そして、その会社の女社長さん。
彼女は一体、何者なのでしょうか。

 

神代広平のとの間になにやら
あったような雰囲気でしたよね。

 

 

スポンサードリンク


 

 

第4話 動き出したさくら・神代の過去

 

 

さて、さくらに突然の音楽関係者からの
面接の依頼がありましたよね。

 

 

管理人は”おぉ~!やっとさくらに
スポットライトが当たった!!”と
嬉しくなりました。

 

絶対に成功するはずだと
思っていたのですが、

 

空一が迎えに来たことで状況は
一変してしまいました。

 

空一がビルの中に入っていった
時間がちょうどまずかったですよね。
同じ会社の人と間違えられて、
ちょっとしたハプニングに
巻き込まれました。

 

 

空一はとても優しいですよね。
本当に心からさくらのことを
想っているのが伝わってきます。
なので、最後のシーンはとても
ジーンときました。

 

 

そして、管理人は神代さんの過去が
少し気になりだしてきました~

 

だって、女社長さんが凄い勢いで
攻め立てるのですから・・・・

 

それに対して、神代さんは何も
返していなかったですよね。

 

20年前に一体、なにがあったのでしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク


 

 

女社長は誰?

 

 

さて、社長はとても手厳しい言葉を
神代に向かっておっしゃっていました。

 

 

桑名喜和子(出典:Twitter)

 

 

神代に対して手厳しい発言の数々・・・

「運が悪い子はどこまでいっても運が悪い。
だって、あなたなんかと出会ってるじゃない!」

「春乃は才能に溢れていたのに、
あなたに同情して音楽を辞めた」

 

 

かなりの貫禄がおありですし、厳しい…

 

 

Twitterでは、

「ドリカム吉田美和さんの
夫のお母様(つまり お姑さん)=りりィさん。
貫禄ありますね」

と言われていました。

 

 

 

そんな社長お名前会社名は、

 

会社名は、

大手レコード会社の
グリスター・ミュージック

 

取締役・音楽制作室長は、

桑名 喜和子

 

 

 

大手のレコード会社ですから、
それなりに新人の教育なんかには
力を入れているはずですから、
先見の目は間違いはないはずなんですよね。

 

 

いやぁ。第5話の展開がとても
気になって仕方がないですね!!

 

 

 

この社長さん役は誰なのでしょうか。

 

 

桑名 喜和子役の女性の方は、

りりィ

さんとおっしゃいました。

 

 

りりィ(出典:www.alpha-agency.com)

 

 

名前:りりィ

生年月日:1952年2月17日

年齢:63歳(2016.05現在)

出身地:福岡県福岡市

 

 

日本のシンガーソングライター
であり、女優さんでもあります。

 

 

20歳のとき、東芝EMIより歌手デビューされています。
独特のハスキーヴォイスで一世を風靡され、
1974年のシングル

「私は泣いています」

が97万枚を越える大ヒットを記録しています。

 

 

歌手の方だったのですね~
もしかするとりりィさんの
ヒット曲である”私は泣いています”
も劇中で使われる可能性もあるかも
しれないですよね。

 

 

色々な憶測が飛び交っていますが、
これから徐々に明らかになっていく、
神代の過去そして、春乃さんに
ついての事実…そして、さくらの歌手
への道のりへの第一歩。

 

ドンドン展開していく物語から、
目を離せないでいます!!
また来週も楽しみに見ます!

 

 

 

 

最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

感謝します。

(writter フラワー)

参考:Twitter、wikipedia、

 

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています