ソプラノ歌手の田中彩子は喋り方が中国人?2016年日本公演の日程は?

 

こんにちは、フラワーです。

今日は、なんだか今一歩気分が

乗らない一日ですね~

 

自分の方向性が見えないと、

なかなかモチベーションを保つ

ことが難しいですよね。

 

 

今は、混迷中です 笑

 

 

さて今日(6月5日)に放送される

情熱大陸』に美人過ぎるソプラノ

歌手で有名な田中彩子(たなかあやこ)

さんが出演をされます。

 

 

一目見ただけで、惚れますから。

いや、嘘じゃないですよ!

いきますよ?

 

田中彩子(出典:Twitter)

 

 

どこかのモデルさんでしょうか?

と勘違いをするほどの美しさ・・・

これは、かなり興奮ですね 笑

あ、一応同じ女性なのですが・・・

 

 

スポンサードリンク


 

 

年齢や彼氏がいるのか気になる!

 

 

さて、こんだけ可愛いと彼氏がいるのか

とても気になりますよね!!

 

 

こんだけ可愛いんですよ?彼氏がいないなんて

ことはあり得ないと思います!!

 

 

ネット上に彼氏の有無が分からないのは、

きっと田中彩子さんがウィーンに住んでいる

からだと思われます。

 

 

それでは、彼氏は勝手にいると仮定を

しまして・・・・ 笑

 

 

ウィーンと言えば、音楽が盛んで

田中彩子さんがどこかの講座に出席をして

そこにいた音楽関係の方と・・・なんて

こともありえますよね。

 

 

田中彩子さんは、年齢が32歳(2016.6.5現在)

ということなので、いつ結婚をされても

おかしくはないですよね!

 

 

 

 

 

この歌声を聴いたら、きっとイチコロです!

 

この曲は、

夜の女王のアリア~歌劇《魔笛》より(モーツァルト)

です。

 

歌っている姿も美しい・・・

 

 

高い歌声の秘密は、コロラトゥーラという、

超高音域を巧みに操るテクニックにありました。

 

 

3歳からピアノを習い、将来はピアニストに

なりたかったそうなのですが、”手が小さい

ということで断念されました。

 

 

ちなみに出身高校は、西舞鶴高校でした。

京都府出身なんだそうです。

 

 

実力は十分にある田中彩子さん。

あるが流れていました・・・

 

 

スポンサードリンク


 

 

喋り方がなんかおかしい?

 
さて、田中彩子さんが歌われる時は、

かなりの高音ということが分かりました。

 

 

実際に喋っているのを聞いていると、

アニメ声だな~という印象と共に

ちょっと不思議な感覚を覚えました。

 

 

(出典:Twitter)

 

 

やはり、私も彼女は中国語、もしくは

韓国語訛りの日本語だと思いました。

なんて言われていました。

 

 

確かに、そうかもしれません。

 

地方に住んでいた方が、

東京へ行くと自然と標準語になる

という話はよく聞きますよね。

 

それの延長線上ではないでしょうか。

 

 

(出典:Twitter)

 

 

(出典:Twitter)

 

 

これは、いわゆるギャップ萌え

ということではないでしょうか?

 

ギャップに弱い男子はたくさんいる

でしょうからまたファンが増えそうですね!

もしかしての戦略だったりして・・・ 笑

 

 

日本公演の日程は?

 

 

基本的には、海外での公演が多いので

日本にいらっしゃることは滅多にない

のですが、今年(2016年)も日本へ

来てくれるそうです!!

 

 

詳細日程を確認してみましょう。

 

  • リサイタルツアー2016日程
  • 三重、福岡、大阪、東京、静岡での公演決定!

 

2016年9月2日(金)三重公演

場所:三重県文化会館

 

2016年9月4日(日)福岡公演

場所:福岡・北九州市立響ホール

 

2016年9月10日(土)大阪公演

場所:大阪・いずみホール

 

2016年9月12日(月)東京公演

場所:東京・紀尾井ホール

 

2016年9月16日(金)静岡公演

場所:静岡・アクトシティ浜松 中ホール

 

(出典:j-two.co.jp)

 

 

美人過ぎるソプラノ歌手の歌声を

生で聞けるチャンスは滅多にないかと

思うので興味のある方は、問い合わせ

てみてもいいかもしれないですね!

 

 

スポンサードリンク


 

最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

感謝します。

(writter フラワー)

参考:Twitter、news.mynavi.jp、wikipedia

 

こんな記事も読まれています