リオ男子リレー決勝でアメリカが失格の理由は何?バトンの受け渡し?

 

こんにちは、フラワーです。

今日は久しぶりに仕事が休みなので

朝からのんびりとヨガをしてから、

穏やかな1日をスタートさせています。

 

さて、リオデジャネイロ五輪が

いよいよ終盤へと近づいてきました。

 

今日は世界が大注目をしていた

男子4×100mの決勝が行われました。

 

なんと、日本男子が世界で2位になりました!

銀メダルを獲得しました!!

これは、史上初の快挙ではないでしょうか。

 

これは、日本中が歓喜の声に包まれそう

ですね!!

 

その一方で、陸上ではメダル常連の

アメリカが失格となっていました。

 

一体、なぜなのでしょうか。理由や原因が

発表されていないとのことでした。

 

これは、管理人はとても気になりました。

早速、見ていきましょう。

 

スポンサードリンク


 

日本が銀メダル獲得の裏では・・・

 

まずは、日本の男子のみなさんお疲れさまでした!

陸上界では初の快挙ではないでしょうか。

 

管理人は、陸上はほぼマラソン以外の種目での

メダル獲得を諦めていたのですが、男子陸上は

日本新記録をたたき出していたので、少しばかり

期待をしていました。

 

その期待を見事にかなえてくれました!!

これは、日本人としてかなり誇りに思います!

 

ジャマイカに続く2位という成績ですからね~

これは、日本の選手を褒めたいと思います◎

 

(出典:Twitter)

 

日本人としては、かなり嬉しいことなのですが、

1つ気になったことがあります。

 

それは、

アメリカ 失格

ということでした。

 

本来であればジャマイカとアメリカの

一騎打ちになるのではと考えられていたの

ですが、何が起きたのでしょうか。

 

スポンサードリンク


 

アメリカ失格の理由は?

 

男子の陸上の短距離のメダルの常連といえば、

ジャマイカ&アメリカですよね。

 

今回もその一騎打ちが見られるのではと

管理人は期待をしていたのですが・・・

 

(出典:Twitter)

 

(出典:Twitter)

 

アメリカの失格の理由が放送されないままで

終わってしまったんですよね。

 

本当の理由は何なのでしょうか。

通常、考えられるのはバトンの受け渡しのミス

かなと思いますよね。

 

今回のアメリカの失格の理由は、

テイクオーバーゾーンの外でバトンパスをしたから

ということのようでした。

 

イエローライン(バトン受け渡しゾーン開始のライン)

より手前で次選手に渡してしまったって事が原因のようです。

 

ん~これはアメリカとしては辛いものですよね。

公式なルールにのっとった正式な判断ですからね。

 

しかしながら、私たち日本人にとっては

忘れられない日となりました。

 

リオデジャネイロ五輪

男子4×100m 銀メダル

 

この歴史的瞬間に立ち会えたことは

すごく光栄に思います。

今後の陸上界にますますの期待を込めて。

関連記事→『リオ五輪の陸上で短距離選手が履いてるナイキのスパイクが気になる!

スポンサードリンク