リジョンソンってどんな技?!白井健三選手床で見事金メダル獲得!

この記事は2分で読めます

 

こんにちは、フラワーです。

 

今回は、体操世界選手権で金メダルを獲得した

白井健三選手について詳しく見ていきます。

まずは大会の速報からお伝えしていきます。

 
スポンサードリンク

体操世界選手権 速報!

日本の白井健三選手(19)16・233点を叩き出し

2大会ぶり2度目の金メダルを獲得したそう。

すごいですね。おめでとうございます!!

白井選手は自身の名がつくシライ、シライ2とG難度のリ・ジョンソンを

入れた難易度を示すDスコア7・6点という世界最高難度の演技を完璧に遂行。

やっぱり自分の持ち技があるっていうのは、大きな強みですね。

2位に0・667点差をつける圧勝だった。

(出典:デイリースポーツ

 

 

日本代表にに欠かせない存在になってますね。

そんな白井選手のプロフィールを少し拝見。

 

白井健三

 

プロフィール

・生年月日 1996年8月24日

・生誕地 神奈川県横浜市

・身長 162cm

・体重 51kg

・所属 日本体育大学

(出典 wikipedia)

 

白井選手は

ハンカチ王子ならぬ ”ひねり王子” と呼ばれているそう。

アメリカでは ”Mister Twist” と愛称付けられている。

 

白井健三-2

 

白井選手が得意とするのは、当然のことながら「ひねり」であり

2013年に行われた第67回全日本体操競技団体・種目別選手権大会では

22.5回ものひねりを入れた構成を成功させ、優勝している。

もはや達人技に近いように思う。

内村選手でさえ「ひねりすぎて気持ち悪い」と高く評価をするほどだ。

 
スポンサードリンク

白井健三選手の名前が付いている技が!!

・後方伸身宙返り4回ひねり(シライ/グエン)

・前方伸身宙返り3回ひねり(シライ2)

・伸身ユルチェンコ3回ひねり(シライ/キムヒフン)

 

歴史に名を残すということは難しい現在、

若くして素晴らしい成績を収められるのはさすがだ。

 

リジョンソンってどんな技なの?

リジョンソンという名前の由来は、北朝鮮の体操選手が

成功させた技なのだそう。

体操の名前の由来は、技を成功させた人の名前のようだ。

リ・ジョンソン(北朝鮮)の2004年アテネオリンピック:予選ゆかの演技が

現在のリジョンソンの本家本元となるよう。

後方かかえ込み2回宙返り3回ひねりというそう。

 

リジョンソン2

ん~数秒間の間に、後方から2回宙返りしてそれで

終わらずに体を3回ひねるという見ているこちらは

つい見落としてしまいそうな難易度が高い技ですね!!

 

まとめていきましょう

・まずは、金メダル獲得おめでとうございます!!

ひねり王子と呼ばれている。

・若くして自分の名前が入った技を3つもっている。

・リジョンソンは後方かかえ込み2回宙返り3回ひねりという!!

 

 

これからの白井選手の活躍がますます楽しみになってきますね。

最後まで記事に目を通して下さり

本当にありがとうございました。

(Writter:フラワー)

 
スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

こんにちは。
非常識で変わり者のflowerが、日常の疑問や
少し変わった角度から色々な物事に切り込んで
いっています。非常識な人間の意見ですから、
ゆる~く聞き流しておいてください。
自分のペースで自由気ままに綴っていきます。
お時間ある方は、どうぞお楽しみください。