板橋美波(飛び込み)のwikiプロフィールや性格は?高校と家族も調査!

 

こんにちは、フラワーです。

2020年東京オリンピックの
代表選手がたくさん決まって
いますよね。

その中で、女子飛び込みの
板橋美波さんが気になりました。

 

若い方が頑張っている姿を
見ると、いい刺激を受けれて
管理人はいつも力をもらって
いるんですよね。

彼女について見ていきましょう。

 

 

スポンサードリンク


 

 

板橋美波wikiプロフィール

 

名前:板橋 美波(いたはし みなみ)

生年月日:2000年1月28日

身長:150cm

体重:40kg

出身地:兵庫県宝塚市

小学校:宝塚小学校

中学:御殿山中学校

高校:甲子園学院高校

所属:JSS宝塚

 

 

(出典:Twitter)
 
 
 
ご両親が柔道をやっていた
そうなんです。その影響から、
幼いころは柔道をやりたいと
言っていたのだそうです。

 

そんな彼女が飛び込みを始めたのは、
小学3年生からだったようです。

 

同じ時期、柔道の練習にも行って
みられたそうなのですが、遊び感覚
で始めていた飛び込みの方が
楽しかったらしく、それから本格的な
練習をするようになったのだそう。

 

最初は、柔道をされようかして
あったのですね~
やはり、続けるとなれば楽しい
スポーツがいいですよね。
いい運命の出会いをされたようで、
素敵ですよね。

 

オリンピック出場が決まり、板橋さんは、

「緊張したが、最後は開き直って
飛ぶことが出来た。五輪は出るだけでなく、
決勝に残ることが目標

と語ってありました。

 

15歳にして、女子では世界でただ1人
前宙返り4回半抱え型」という
大技をこなされてあるんですよね。

 

そんな板橋さんの練習方法は、

  • 片足スクワット
  •  足上げ腹筋
  •  スクワットジャンプ

なのだそうです。

 

管理人は、板橋さんの筋肉が
すごいと思ったんですよね~
やはり足に対するアプローチは、
欠かさないのですね。
さすがですね!!

 

 

スポンサードリンク



 

家族や性格とは?

板橋さんのご両親はお2人とも、
柔道をされていらっしゃいました。

 

お父様は、日本体育大学柔道部に
所属していた柔道家の板橋秀彦さん。
そして、お母様も同じく日体大の
ご出身でした。

 

家族で柔道をされようかして
あったのですね~
管理人の親は何もスポーツを
していなかったので、影響は
受けていませんが、家族がしている
スポーツというのは魅力や
興味が沸きますよね。

 

管理人が気になりましたのが、
板橋さんはどんな方なのかという
ことでした。

 

性格は、負けず嫌いなんだとか。

 

負けず嫌いのエピソード紹介

 

小学生のときに鉄棒ができなかった板橋さん。
「友達ができるのに自分ができないのは嫌だ」と
放課後に毎日ひとりで練習をしていたそう。

 

飛び込みを初めてから、陸上トレーニングでの
宙返りができず、「みんなはできるのに」と、
泣きながら、コーチの補助を受けて小学4年生の
ときにやっとできるようになったようですね。

 

管理人も負けず嫌いでしたね~
負けることは本当に悔しくて、
負けないように中学生のころは、
ずっと練習ばかりしていましたね。

 

宝塚市出身でチームメートでも
ある寺内健選手(ミキハウス)は、
板橋さんについて、

美波は僕よりも負けず嫌い。」

とおっしゃってありました。

 

その精神力があるからこそ、
オリンピックの切符を勝ち取れた
のかなと感じました。

 

寺内選手は、『この子はすごい』と
認めてあるようで、小6の4月から、
JSS宝塚で馬淵崇英コーチの指導
受けてある、板橋さん。

これからのご活躍が期待されますね。
 

 
最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

感謝します。

(writter フラワー)

参考:Twitter、news.livedoor.jp

 

スポンサードリンク