ヨガとストレッチの違いとは?ヨガに向いている人ってどんな人なの?

 

元ヨガ講師のあやです。

これからヨガを始めようかなと思っている方^^💡とてもいい選択です。でも、その前に『ヨガとストレッチって同じじゃないの?』って声が聞こえてきそうです。

 

私がヨガレッスンをしていた際も「ヨガとストレッチの違いがイマイチ分からない」という生徒さんがいらっしゃいました。そのときは、私自身ハッキリと説明ができなかったので『ヨガは呼吸とともに動くんです…』とだけ説明をしてましたね。

 

でも私の中で納得いかなかったんですよね。確かにヨガは呼吸とともに動いていきます。それでは、ストレッチの際に呼吸をしたらヨガと一緒じゃん!って思ったんです😅

ヨガを続けていく中で私なりの見解が出てきたのでご紹介します。

ヨガとストレッチの違いとは

 

まずは、ヨガとストレッチの歴史を見ていきます。あまり触れられることはないのでさら~っとご紹介します^^

 

📖ヨガの歴史

  • 紀元前2500年ごろインダス文明においてヨーガ起源発生。
  • 日本では平安時代に瑜伽(ゆが)と呼ばれる瞑想が中心のヨーガから始まった。
  • 1919年に中村天風さんがヨーガを日本的にアレンジし「心身統一法」を創始した。

(出典:www.ajya.jp/yoga/)

 

📖ストレッチの歴史

  • 1960年ごろアメリカでスポーツ科学の論文中で使われ始め、1970年代後半より急速に概念が広がった。

(出典:wikipedia)

 

ヨガの始まりの方がかなり古いですね。ヨガが現在のように流行り出したのは、1990年代からなのでストレッチの方が定着が早かったかもしれません💡

 

📘ストレッチは、身体のある筋肉を良好な状態にする目的で筋肉を引っ張って伸ばすことを目的にしています。

📘ヨガは、呼吸に合わせポーズを行い自分に合ったヨガを発見することを目的にしています。

 

私は、ヨガとストレッチに明確な違いはないと考えています。ただ、私がヨガを続けていく中でストレッチとの違いを感じるようになりました。

ハートオブヨガに出会い、自分の呼吸に合わせてポーズを行っていくという考えを知り、実践していく中でヨガの心地よさを初めて感じました。

 

それまでは、ポーズをきれいにとりたい!もっと上級ポーズができるようになりたい!と思っていました。でも、呼吸とともに動いていき、レッスンの中で生徒さんに実践してもらう中で「ヨガってバラバラでいいんだ。」って気付いたんです😊💡

 

私が辿り着いた答え
  • 私が思うストレッチは、みんなで和気あいあいと同じポーズをとって身体をほぐす。➔身体にフォーカス
  • 私が思うヨガは、呼吸の長さ深さが1人1人違って、みんながバラバラにポーズを行い、瞑想へと心地よく繋ぎ、最終的に自己管理ができるようになる。➔心にフォーカス

 

これが私の辿り着いた答えでした。ヨガは、ポーズをとることが優先され本来の目的である「瞑想」がどこかへいってしまっている気がします。ヨガのポーズが完璧にとれる必要はありません。

ただ、自分の中で心地いいと感じる位置や呼吸の深さ長さをみつけること。私の場合、瞑想を日常生活に取り入れ自分の心に余裕をもたせるようにしています。

 

ストレッチは誰にでもできます。でも、ヨガ本来の目的である「瞑想」の重要さを実感するのは容易ではないです。私もまだまだ未熟なので完全な境地に達してないですが、瞑想を行うことで生活が豊かになっている実感はあります。

私にとってヨガは、心にスペースをあける時間をくれた貴重な存在です✨😊

ヨガに向いている人はこんな人

 

長々とヨガとストレッチの違いをご紹介しました。具体的にどんな人がヨガに向いているのでしょうか。まず、ヨガでは目を閉じます。目を閉じるのが怖い方には向きません。

あと、シーンと静かになった空間が好きでない方にもあまりおススメしません。

 

私の場合、

  • 昔から心理学の本やスピリチュアル系の本をよく読んでいた。
  • 「なぜ生まれたのか?」と考える癖があった。
  • 身体を動かすことが好きでスポーツが得意だった。
  • 自分と向き合う方法をずっと模索し探していた。
  • 完璧主義で失敗が怖く、周りの目をいつも気にしていた。

などなど。

 

ヨガと切っても切り離せないのが、「スピリチュアル」です。例えば、ヨガ教室へ行くとレッスン終わりに「今日も参加してくださりありがとうございます。みなさまにとって良き1日でありますように…。」などと言われます。

そういったことに抵抗を感じない方は、ヨガが合うと思います。

 

私は、ヨガを通して自分と向き合い自分のペースを取り戻すことを目的としていました。ヨガにハマる方は、普段の生活の中でがんばっている心の優しい方が多いように感じます。

自分を犠牲にしてがんばりすぎている方にこそ、ヨガの呼吸法をマスターしてほしいと考えています。

 

✨ヨガに向いているのはこんな人

  • 仕事も家事も完璧にこなす、がんばり屋な方
  • 自分を追い詰めて1人で抱え込んでしまう方
  • 自分のことを後回しにして相手を優先する方
  • 自分に自信がなく、これといった趣味がない方

 

ま、全部自分の話なんですけどね😑✋(笑)私はヨガに出会って、肩を痛めたりもしました。でも、続けていて思うのは自分と向き合う時間をとるって大切だなってことです。

職場に行けば職場の話、家庭では子供や近所の話…。自分が「いま何を感じ、どう思っているのか。」に耳を傾ける機会が少ないように感じます。

 

それを取れるのがスポーツだったり、趣味だったりします。私はこれといって自慢できる特技もないですし、趣味がありませんでした。現在は、趣味の1つにヨガが入っています♪私は、ヨガを選んで良かったです🌟

まとめ

 

私なりのヨガとストレッチの違いをご紹介してきました。明確な定義がないので私の完全な主観になりますが…😑ヨガって身体がかたいとポーズがとりにくいですし、全く気持ちよくありません。

ヨガ教室へ通い出すと、自分の身体のかたさを改めて実感させられます。

 

ですが💡ヨガってストレッチよりも奥が深いです。スポーツ選手や経営者、有名海外セレブの方々がヨガをされるのも納得です。私が生活している中でもピリピリした雰囲気のときって結構あります。

そのときに身体がガチガチでは、最大のパフォーマンスを発揮できません。ヨガでは、力を抜くことが重要になるので本番でスグ緊張する方におススメです。

 

私は、本番に弱いタイプなのでいつも緊張します😖特に面接や会ったことない方と初めて会うとき、知らない場所へ行くときなど、それはそれは何も食べたくなくなるほど緊張します。

ヨガに出会い、呼吸が深まるにつれ段々と心を落ち着かせ、ゆるめることが出来るようになってきました◎

 

AYA

私はストレッチは、ジムへ行ったときなどに軽く行うものでそんなに重要視していませんでした。怪我を防止&身体を温めるための手段としか考えていませんでした。ヨガを始め、ヨガとストレッチの違いを質問され、それから”確かにヨガとストレッチは違うよな~でも、明確な違いが分からない”という状態でした。ヨガを続けていて良かったです☺ヨガは、私にとって自分が「いま何を感じ、どう思っているのか。」に耳を傾けるいい機会になりました。これからも、もっと新しい発見があればなとワクワクしています💕あなたにとって”ヨガとは何か”を一度考えてみてもいいかもしれません💡✨