代償(ドラマ)最終回のネタバレ結末は?安藤の目的がついに明らかに!

 

訪問くださいましてありがとうございます。
管理人のフラワーです。

ドラマ『代償』には、いつもハラハラ&ドキドキさせられて本当に一瞬一瞬が気を抜けないのがまたさらに面白いんですよね~!!ミステリー系ホント楽しいです♪

 

前回までのお話では、まさかの親友が奥山圭輔(小栗旬)を裏切るという悲しい流れがありました。すべてが安藤達也(高橋努)の計画の範囲内に入っているというかなりの恐怖を味わえました・・・

 

今回の第6話最終回を迎えます。果たして奥山を待ち構えるのは、幸せなのかそれとも・・・そして、達也の本当の狙いとは一体なんなのでしょうか。

最終回の展開が気になります!

 

 第5話の内容が見たい方はこちら

代償5話(ドラマ)ネタバレあらすじ!諸田と紗弓への襲撃が半端ない!

 

『代償』第6話ー運命ー あらすじ

 

私は、達也が奥山に対しての発言がとても印象的でした
。”圭ちゃんは俺のことだけを見ていないとダメなんだよ”裏に隠された意味がとても気になります。

 

結局のところ、達也は奥山と一緒にいたいだけなのかなとも思うのですが、それにしても規模が大きすぎる気が・・・

 

 

 ちょこっとあらすじ

諸田寿人(淵上泰史)の件で警察に追われることになっている奥山圭輔(小栗旬)。

スナック「たっちゃん」では、安藤達也(高橋努)と奥山の義父である吉田肇(平田満)が、達也を説得しようと試みていました。

 

無罪を証明しようと動く真琴(高梨臨)の前に奥山は現れます。真琴に達也に関する資料を渡し、”自分にはまだやることがある”と告げるのでした。

奥山と達也が対峙するとき、そこに待っている衝撃の結末とは・・・。

 

これは、予告の動画でも流れていたシーンが見られるということですよね。

 

ちなみに、そのシーンはこちら・・・

 

代償 予告6秒

 

 

ハッピーエンドがいいのですが、ちょこっとだけ後味が悪い終わり方を してくれたらな~という淡い期待もあります。笑

 

『代償』第6話ー運命ー ネタバレありかも

 

奥山は、警察に追われていました。ニュースにもなり、逃げ回ります。

 

”因果は巡る。全ての結果には原因がある。じゃあ、僕がここにいるのも因果のうちなのだろうか”

”達也に見入られたこの人生が運命なら僕はどんな代償を払ってもその運命にあらがわなければならない。”

”未来のために・・・”

 

達也は奥山の義父である吉田と会っていました。

 

達也「強い絆でつながれているのは、僕と圭ちゃんだけですから」

吉田「そんな絆を結んだ人間が警察に追われる。満足か」

達也「いいえ、まだまだ」

吉田「なにが狙いだ。私にどうしろと言うんだ」

達也「待ってくださいよ。吉田先生にもちゃんと役に立って頂きたいんですから。」

 

吉田「今からでも普通になれる。僕が手助けをしよう」

達也「ホントにできるんですか。そんなこと」

 

吉田と達也は連想ゲームを始めるのでした。

 

達也「吉田先生には大事な役割があるんですよ。」

達也はスナックから出て行きました。

 

真琴はなんとか奥山の無実を証明しようと担当刑事(山中アラタ)に異議を申し立てに行きますが、取り合ってもらえません。

 

真琴は、諸田が入院している病院へと向かいます。諸田は一命を取り留めたものの意識は回復していませんでした。

 

真琴「お願い。目を覚まして圭輔を助けたいの」

諸田の手が動きました。諸田は目を覚ますのでした。

 

諸田「け・・いすけは」
「たつやがぜんぶ・・・」

 

病室にいる真琴に届いたメール。その送り主は奥山でした。

 

奥山は、諸田の心配をします。真琴は奥山に警察に行こうとすすめたのですが、奥山は達也の資料を真琴に渡します。

 

奥山「あとから出頭する。先にやることがあるから。」

真琴にお礼を言って、諸田に伝言を残すように伝えたのでした。

 

奥山「生きていてくれてありがとう。寿人は強い。昔から尊敬してる」と言い残し奥山は去りました。

 

スナックへと行く奥山。

 

道子に達也の居場所を聞くも分からず・・・

奥山「達也を断罪する方法を僕は知っている。達也に伝えてください。思い出の場所で待ってる。」

と言ってスナックを出ていきます。

 

しばらくして達也はスナックに戻ってきます。

道子「あいつがあんたとあたしの仲を裂こうとするんだよ。違うよね」

達也「他には圭ちゃんなんて?」

 

道子は、奥山が思い出の場所にいることを達也に伝えるのでした。

 

達也は思い出の場所に足を運びます。

 

奥山「遅かったね。」

達也「良い場所選んだね。圭ちゃん、懐かしいよ。大事な思い出の場所だ。」

奥山「大事な思い出か」

達也「ようやく2人きりになれたね。圭ちゃん」
思い出話を始める達也。2人の出会いを運命だと言い張る達也。

 

真琴は、スナックへ行き道子に2人の居場所を聞き出します。

 

達也「圭ちゃんさえいてくれればいいんだよ。圭ちゃんを1人占めしたい。それだけだ。」

奥山「どうしてそこまで僕にこだわる」

達也「分かってるよね。圭ちゃんが友達だからだよ。」

「俺の愛は誰よりも強いんだ。」

奥山「黙れ。もうお前の思い通りにはいなかない。お前の筋書き通りにはいかなくなったんだよ。」

 

奥山は、警棒を取り出します。それを達也に向かって振りかざします。

 

達也はナイフを取り出します。

 

2人が向かい合っているところに真琴が登場をします。

 

達也「最高のタイミングだ。圭ちゃんの苦しみは誰にも分からない。そうだろ。真琴さんに見せてあげればいい。どれだけ圭ちゃんが俺のことを憎んでるか。」

奥山「お前は生きてちゃいけない。絶対に」

達也「そうだよ。圭ちゃん、俺はこの瞬間のためだけにずっと生きてきたんだ。」

 

 

”人は運命にとらわれて生きている。誰も運命にあらがうことはできない。逃れようとすれば必死にもがき、振り回したその手で誰かを傷つけるだろう。”

”誰1人無実ではいられない。”

”そして代償を払ったものだけが未来を切り開く権利を与えられるのだ。”

 

奥山が最後にもらったものそれは・・・

 

『代償』第6話ー運命ーの感想

 

達也と奥山が2人で対峙する場面は、リアルタイムで見た方が迫力が絶対に 伝わります

 

人間の心理を巧みに操り、極限まで追い込むことが目的の達也の計画はスゴイとしか言いようがないです。

あれだけのことをされて人間は、きっと正気の沙汰ではいられないと思います。

 

これは、ヤバいです。私は思わず”うわぁ~”と口元を 押さえてしまいましたからね。一瞬、息が止まりましたよ。汗

 

そして、最後の意味深な終わり方・・・もしかすると第2章があるかもしれません。

 

ここまで心理的に追い詰められたドラマは初めてでした。でも、なんかその刺激が面白かったです。また、ぜひ第2章があれば見たいなと思います◎

 これまでを振り返りたい方は・・・

代償5話(ドラマ)ネタバレあらすじ!諸田と紗弓への襲撃が半端ない! 代償4話(ドラマ)ネタバレあらすじ!安藤が真琴を洗脳しすぎてやばい! 代償(ドラマ)第3話ネタバレやあらすじ!安藤が流出させた動画が衝撃! 代償第2話ネタバレあらすじ!安藤の頭の切れとお色気シーンがやばい! 代償(ドラマ)第1話ネタバレあらすじ!安藤と奥山の出会いのきっかけ! 代償(ドラマ)最終回のネタバレ結末は?安藤の目的がついに明らかに!

 

最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
感謝します。
writer フラワー
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください